You Tube Japan
ユーチューブの紹介ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YouTubeの利用について
YouTube(ユーチューブ)の公式サイトでも日本語で検索は可能ですが、項目名などは英語表記なので日本人には使いづらいです。
そこで方法としては、
①「Firefox」等の日本語に翻訳する機能のあるブラウザを利用。
②YouTube(ユーチューブ)の動画が検索できる日本のサイトを利用。
の2つの方法が取られているようです。

ブラウザで翻訳する方法は画像文字など一部の文字は英語のままなので、日本の動画を中心に楽しみたいという方は、後者の日本のサイトを利用する方法がオススメです。

また、「CROOZ! Video」や「MOCO Video」などのサイトでは、YouTube(ユーチューブ)の動画が検索できます。
また、Yahoo!動画でもYouTube(ユーチューブ)動画が検索可能です。

YouTube(ユーチューブ)動画でアーティストの音楽プロモーションビデオを探したり思い出の懐かしいTV映像等がスグに見ることができます。
ただし、YouTube(ユーチューブ)動画は、アップロード出来るサイズに制限がある為、映像と音質はそのままというわけではないようです。

※YouTube関連本を右コーナーに紹介しましたので、購入することもオススメします。
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

ユーチューブ(youtube)でエロ動画(笑)

ユーチューブ(youtube)でエロ動画(笑)


ユーチューブ(youtube)でチョットしたエロ画像見ましょう! youtubeエッチ動画は侮れ無いですよ! フェチの方にはたまらない動画が見られます。
オリジナルの動画もかなり配信しているので,たまらない動画見られると思います。

YouTube(ユーチューブ)はアメリカ合衆国にある企業で、インターネットで動画共用サービスを行っている。

概要
YouTube, Inc. はPayPal 元従業員のチャド・ハーリー、スティーブ・チェン、ジョード・カリムらが2005年2月にアメリカのカリフォルニア州・サンマテオで設立。11月にベンチャーキャピタルの Sequoia Capital から資金提供を受け、翌12月に公式にサービスを開始した[1]。CEO はチャド・ハーリー。従業員数は67人(2006年10月現在)[2]。

社名の "Tube" には英語で「真空管」「ブラウン管」 (Cathode Ray Tube) の意味がある。設立のきっかけはチャド・ハーリーらが友人にパーティーのビデオを配る方法として考えた結果に作った技術を使い、皆で簡単にビデオ映像を共有できればと思いついたことによる。


SNS
同社が運営するSNSは動画共有サイトである。キャッチコピーは "Broadcast Yourself."。

ウェブサイトは英語で構成されており、サービスは全て無料で利用できる。Ajaxと呼ばれる技術が用いられており、YouTubeを利用するにはJavaScriptを有効にする必要がある。

ほとんどの動画は会員登録をしなくても閲覧できるが会員しか見ることができない動画もある。会員登録すると以下のサービスを利用できる。

容量100MB、長さ10分までの動画ファイルをアップロード、投稿できる。
投稿された動画を5段階で評価したり、動画やメンバーにコメントを付けられる。
動画をまとめたプレイリストを作成・公開する機能、お気に入り機能がある。
特定のメンバー同士で動画を共有できる。
Web 2.0の代表的なサイトの一つとされる。SNSに分類されるのは、動画や利用者にコメントを付けられるためである。アップロードできるのは動画ファイルのみで、音声ファイルなどはアップロードできない。

2006年4月21日時点で4000万の動画があり、日に3万5千の動画がアップロードされていることがプレスリリースで発表された。利便性から世界的に人気があり、Google VideoやAsk ビデオなど似たサービスは他にもあるが、動画の数はYouTubeが圧倒的に多く、同系統のサイトでは最大規模になっている。ほかにも動画に対するタグ(動画を分類するキーワード。メタデータの一種)を自由に付けられることや人気タグ一覧が表示されるタグクラウドの実装など、写真共有サイトFlickrの動画マルチ版ともいえる存在である。

アメリカでは2005年12月頃にNBCの人気テレビ番組、サタデー・ナイト・ライブがアップロードされていたことからブログなどで話題になり[3]、2006年上旬にはYouTubeの映像をブログなどに貼り付けられるAPIも公開され、爆発的に普及した。日本では2006年1月頃に2ちゃんねるやブログなどで紹介され人気が上昇、2006年3月頃からINTERNET Watch(Impress)やITmediaなどのニュースサイトで取り上げられるようになった。ちなみにYouTubeの時事情報など、話題時から進展情報など出展情報は両ニュースサイトに掲載されている。サイトオープンから1年で驚異的に利用者を増やし、今後さらなる利用者の増加が予想される。また、最近では、YouTubeAPIを利用した閲覧専用サイトYouTubeCHや、YouTubeのビデオを日本語検索可能にするMOCO Videoや、携帯電話用にYouTubeの動画を変換して見られるファイルシークやMyTubeや、YouTubeのビデオにテロップを入れてコメント出来るニコニコ動画(現在はあまりのアクセス数の多さに、ニコニコ動画からYouTubeへのアクセスは遮断されている)といったアグリゲーターサービスが数多く開始されている。

著作権問題はあるものの手軽に動画が楽しめることから、コンテンツ業界に注目されている。2006年4月にアメリカの映画制作会社、The Weinstein CompanyとDimension Filmsが提携し、映画の予告編がYouTubeで配信された[4]。2006年6月28日にNBCと提携[5]、NBCのコメディドラマ「The Office」のPVを配信したり、プロモーションページを設けた。また、NHLはYouTubeと契約し、試合のダイジェスト版の提供を開始した[6]。CBSも2006年10月に契約し、「CBS Brand Channel」をYouTube上で立ち上げた。CBSは2007年1月12日に行われた講演内でCBS社長兼CEOであるレズリー・ムーンバスが「今後、アメリカのテレビ局はYouTubeと提携し、テレビ番組や番組宣伝などをYouTubeに流すことになるだろう」と答えた[7]。だが、2007年2月22日になるとCBSとの提携は決裂したと報道された[8]。翌月の3月3日にはBBCと提携し、「BBC Channel」を立ち上げることとなった[9]。また、アメリカの任天堂では、ゲーム機「Wii」の宣伝をYouTubeと契約しCMを公開し[10]、同様に日本向けにナイキがシューズのCMを行っている[11]。さらにレコード会社などが自前のページを立ち上げて配信を始める例も見られ、新たな活用法が模索され続けている。なお、現在のところ、日本のテレビ局はYouTubeとの提携に慎重な姿勢を持っている。

こちら以外の活用例としては、イーホームズの藤田東吾がYouTubeを通じ構造計算書偽造問題に対する告発を行ったり、ロサンゼルス市警の警官が無抵抗な被疑者に対し暴力を振るっている姿を捕らえた映像がYouTubeで匿名で公開されたりと[12]、告発の場となっている。他には、カナダの警察が犯人逮捕の為に殺人事件が発生した際に映った犯人らしき人物のビデオ映像をYouTube上で流している[13]。

政治面としては、YouTube側が「You Choose '08」を用意し、2008年アメリカ合衆国大統領選挙の為に候補者と有権者が直接映像で意見交換する場を設置。そこには民主党・共和党の大統領候補者数名が既に自ら登録を済ませている。登録者のひとりである大統領候補者ヒラリー・クリントンは「YouTubeと利用することで、アメリカ国民に自分の意志を動画で共有出来るから」とコメントしている[14]。

機能追加も活発で、メンテナンスが頻繁に行われている。メンテナンス画面は机を組み立てる説明書を読んでいる男性の写真や、帝都高速度交通営団(現:東京地下鉄)の電車に貼られていたドアステッカーの写真や東京消防庁の消火器具に描かれている消防士のキャラクターの画像など、ユーモラスで意味深長なフレーズと画像が使われるが、2006年6月2日のメンテナンスで、トップページが「ALL YOUR VIDEO ARE BELONG TO US.」と書かれたものになり、インターネット上で騒動となった[15]。これは「All your base are belong to us.」をもじったものと思われるが、海外(特に日本)からのアクセス増加をよく思ってないと取れるため、「海外からのアクセスが規制されるのでは」「クラッキングされた」などといった推測が飛びかった。のちにYouTubeのブログでユーザーに心配かけたことを謝罪し、機能追加を発表した。

YouTubeはサーバーの回線コストだけで月間100万ドルに達すると言われていたため[16]、サービス開始からしばらくは、どういった部分で収益を上げていくかが注目されていたが、2006年10月に入るとGoogleに買収されるのではないかとの報道が入り[17](ちなみにYouTubeは主にGoogle AdSenseの広告を利用していた)、10月9日にGoogleが16億5000万ドルで買収に同意したとの発表を行った[2]。この買収について一般ユーザーからアップロードされた動画に対し厳しい規制が取られてしまうのでは? という危惧が持たれていたが、チャド・ハーリーCEOはこれに対し「YouTubeはGoogleに買収されたが、今後もYouTubeとしたブランドで独立したサービスを提供し続ける」と述べた。また、Google側もYouTubeの類似サービスであるGoogle Videoは続行してサービスを提供すると述べ、Google Videoの検索窓を通じてYouTube内の動画を検索するサービスを開始した[18]。また動画の違法投稿をしないよう呼びかける文が英語ではなく日本語で表示することを約束し[19]、2月頃から表示が始まった。


動画
アップロードした動画は以下の形式に変換される。

動画:Flash Video形式 / 200Kbps前後 / QVGA(320x240)サイズ以下 / 30fps以下 / アスペクト比4:3(もしくは1:1)
音声:MP3形式 / 64Kbps(VBR) / モノラル / 22050Hz
アスペクト比が上記以外の動画は自動的に黒帯が追加され、レターボックスになる。Adobe Flash Player 7以降がインストールされていれば、Webブラウザでストリーミング再生を閲覧できる。

UTF-8で運営しているため、動画名やコメント、タグは日本語を含む多国語に対応している。

卑猥な動画はメンバー登録による18歳以上の年齢認証が設定されるが、年齢認証は検証の手段が無いのであまり有効ではない。ただし年齢認証を設定しても過激な性描写がある動画は削除される。その他著作権侵害・過激な性描写などで頻繁に動画を削除されると、警告なしにアカウントを削除されると同時に過去にアップロードした動画すべてが削除されるという手続きが確認されている。




アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

YouTube関連クリック!

プロフィール

YouTube

Author:YouTube
YouTubeの紹介してます。

↓参考にして下さい。↓

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

YouTube,アフィリエイト関連

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

オススメ成功アフィリエイト

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

参考コーナー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。